スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
夏の魔物レポ(各バンド編)

金曜~昨日まで、青森行ってきた!
日本の首都青森! 聖地青森!

初日→恐山、2日め→夏の魔物、3日め→弘前観光で
大満喫な3日間。
椅子の音楽の背景を少しでも感じることができたかなってだけでも胸いっぱいだった。

とりあえず、夏の魔物レポをば。



■2010年8月21日(土)@つがる地球村
 【夏の魔物-AOMORI ROCK FESTIVAL '10-】


mamono1.jpg


・THE WAYBARK

主催者・だいち69氏のバンド。
主催と自分のバンド(しかも2日間出演で)って凄いなーと思うが、
バンドとしてはとくに何か伝わるものはなかった。
各所でロックとはなんぞや、みたいなことを熱く語っているだけに
ライヴを見るとなんかギャップが。
本人とその他のメンバー間にギャップがあるのか、
自分の想いをバンドに反映しきれていないのかよくわからないが、違和感があった。


・神聖かまってちゃん

すごい gdgd っぷり。
キャパ300ぐらいのハコでやる分にはこの身内ノリはいいのかもしれないけど
フェスだとかなりキツイな。反応に困る。
進行が曲のよさを打ち消しているどころか、マイナスにまでもってっている感じ。
お客さんの期待値が高いだけに、落胆度も大きそうだ。
この危ういバランスが魅力なのはわかるが、フェスでの魅せ方は難しいなー。


・SCOOBIE DO

アダルトなロック。相変わらずカッコいい。
ファンクでグルーヴ感たっぷりのサウンド、安心して見ていられるステージングは、
フェスの盛り上げ役にぴったり。
かまってちゃんの後だからなおさら。
ワンマンで観たいな。
アラバキで興奮したものの、音源まだ買ってません……。ごめん。


・ミドリ

激しいことを忘れてうっかり前来ちまった。
まりこちゃんはステージセットをよじ登ってそこからジャンプしたり
(あれでよく足折らないよなー)
シールド付きのマイクなのに、ダイブしたのち、客席の中ほどまで登って
しゃがみこんで歌ったりと、お客さんの期待値どおりのライヴだったんじゃないかと。
個人的にはもうちょっとサウンドをしっかり楽しめる聴き方をしたいなと思うんだよな。
あがるサウンドでついつい暴れちゃう、っていうノリではなく
暴れたいがためにライヴに来ている、いわゆる暴れ厨的な人が多そうなノリなのが残念だったり。


・キングブラザーズ

下手最前列に入れた。
メンバーが私服でセッティング。
楽器(とくにギター)がボロボロで、ガムテで何か所も補修してある。
もうこの時点でちょっと悟ったのだが、衣装に着替えたメンバーが登場し、
オープニングからギターとベースがアンプの上に乗っかり、
ダイバーキャッチ用の大量のスタが登場した時点で、確信。激しさパネェー。
ギター投げるわ、マイク投げるわ、ギター持ったままダイブするわ、
そりゃギターも衣装もボロボロになるよ。
フロアも当然ダイバーの嵐。2分に1回ぐらいダイブしてるお客さんも目撃したり。
最前のお客さんが頭から血を流して退場したのを見て、命の危険を感じたぜ。プロレスかよ。
というか、椅子観る前に死ねねぇーと本気で思った。
しかしさすがに流血はヤバかったようで、スタッフは顔面蒼白。
これ以上飛べないように、スタッフにギターのシールドを
犬のリードのごとく押さえられていたのがおかしかった。
でも、単に激しいだけじゃなくて、ロックなハートが伝わってきたよ。
本気だもの。パフォーマンスじゃなくて危機迫るものがあってカッコよかったわ。
曲1曲も知らなかったけど、個人的に今回のベストアクト。


・人間椅子

後ほど。


・ROLLY with 人間椅子

これまた後ほど。


・三上寛

椅子のメンバーも関係者席から観てた。
日が落ちて、泣きながら歌うようなギターの音色と
三上さんの声がつがる地球村にマッチするなあ。


・灰野敬二

完全に日が落ちて、鋭利な轟音サウンドが映える。
ノイズってさっぱりわからないけど、このわからなさがカッコいいなぁ。
ノックアウトされるというより、圧倒されて硬直しちゃう感じ。
音楽のライヴというより一種の芸術の域だと思う。
1度観たかったので、よかった。


・毛皮のマリーズ

志磨くん、赤いオールインワンに王冠つけて登場。爪の先まで真っ赤。
やっぱりハンパない存在感だ。
歌声、パフォーマンス、セルフプロデュース力、どれをとってもフロントマンとして隙がない。完璧。
夜も深まった、この青森の、開放的なんだか閉塞的なんだかよくわからない空間で、
さして多くもない数のお客さんの前で披露される「ビューティフル」は
キラキラしてとんでもないパワーを放っていた。
ああいいなぁ。
自分の中では、今唯一夢を見させてくれるバンド。
ああ何か音楽っていいなと幸せな気分にさせてくれる。
今後も大いに期待できるステージだった。

追って、人間椅子編と総括編と、青森もろもろ編を。


スポンサーサイト
2010-08-23 21:11 | 人間椅子 | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://qualia82.blog42.fc2.com/tb.php/237-24240985
09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。