スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
白塗り学園@川崎

4月末は2週連続(しかもほぼ同じメンツを観に)でチッタへ。
何気に白塗り学園は初めて参戦。

もろもろトータルに考慮してピノキヲ動員で入ったのだが、
おにいたまは新幹線移動、ベルトは4時起きで盤車移動だったと聞き
ベルト動員で入ってあげればよかったとちょっと後悔。

2010年4月25日(日)@川崎CLUB CITTA'

~CRUSH OF MODE -SPRING COLLECTION'10-【白塗り学園大音楽会】~
出演:
グルグル映畫館 / 犬神サーカス団 / SEX-ANDROID / 濱守あゆみ with HAREM BOWIE'S / ピノキヲ / マモノ / 最鋭輝 / 夜桜星丸(PLANET GOLD2011) / ジョニー・パイソン / 楠本柊生帝國元帥 / 太平洋ベルト / 天照大祀solo project


・司会

司会は、元帥と濱守。
やっぱ団長のしゃべりは秀逸だなぁ。こなれてる。
元帥は白塗りで登場!

「(白塗りが)グルグル式か犬神式かどっちかわかる?」(元

「シャドウが濃いから、犬神ですね!」(濱

「そう。髪が凶子ちゃん、白塗りが情次くんで、シャドウが明さん」(元

NoGoD メジャー行きの話にもチラリと触れ、

「どうせすぐ戻ってくるから」と元帥に言い放たれていて笑えた。

アカデミー賞ならぬ、「シロデミー賞」授賞式も兼ねながらの進行。
サブステージで受賞者の発表をしつつ、メインステージでライヴしつつの
THE アーポのイベントって感じの流れ。


・太平洋ベルト

「遠距離通勤賞」を受賞した吉川さん(from 名古屋)。
お…おにいたま(from 大阪)かわいそす。

相変わらずのgdgdっぷりと、それに負けない吉川さんの天真爛漫さがものすごいパワーを放っている。

けまりん、ちょっとドラムがうまくなったか? 気のせい?

最後は、まるでアングラ演劇のように、
「禁煙」「今日」「リッツ」「ちっくしょー!」という各人のセリフをあわせて
最終的には「遠距離通勤賞」にしたかったみたいなんだけど、当然のごとくgdgdにw
何回かやりなおしたあげく、途中であきらめたからねw
ものすごいベルトクオリティー。

元帥いわく、「楽屋でずっと練習してたのに」だそうだ。


・マモノ

「優秀スベリ魔賞」受賞のチャッキー。
モッキー(チャッキーとモッキーってすごいなw ユニットみたいだなw)が
レポーターとしてチャッキーにインタビューしていたんだが、やっぱりgdgd。
魔界からやってきてるのにもかかわらず、イイ人オーラ全開のチャッキーがいとおしい。

ライヴは、昔よりホントによくなった!
ヴィジュアル系のエンタメ要素をイイトコどりしたようなステージングと
MC のツッコミ具合が秀逸な Vo、スバラシイね。

アーポの枠を超えていろんな対バンができたら客が増えそうだけど、
そうもいかないのかな。


・夜桜星丸(PLANET GOLD2011)

クレジット表記的に、星丸ソロ?と思いきや、普通にプラゴーだった!
久々に観れたが、やっぱり星丸さんのキレ味するどいダンスが素晴らしい。
時間の関係で、曲をものすごく強引にはしょっててわろた。


・天照大祀soloproject

大祀って、ピアノ弾けて、ギター弾けて、歌うたえて、演技もできる(そしてイケメン)、
いわば善徳的な器用さを持っている人なんだろうなーと思った。
全部自分でできちゃうからこそ、スタティックなバンド活動をするのが難しいのかもしれないな。
と、勝手に思った。
しかし、この人はどういう経緯でこの白塗り界隈へ来たんだろうか。


・最鋭輝

鳶がそそくさとあらわれて、クラッカーを配布して去って行った。
なんなんだ、その立ち位置はw

モッキーは相変わらずのテクニシャンで素敵。

どうでもいいが、ずっと誰かに似てるなーと思ってたんだよモッキー。
この日初めて判明した。マシンガンズのあんちゃんだ。
あんちゃんの素のときのしゃべり方…絶妙にハスキーな感じと
抑揚の付け方が似ている。
そいや、ちょっと顔の骨格も似ているような気が…。


・濱守あゆみ with HAREM BOWIE'S

Gu.ジョン(人格ラヂオサポ)、Gu.日暮和広(ex.OZWORLD)、Ba.リウ(ex.メトロノーム)、Dr.ハルキ(SEX-ANDROIDサポ)

前回観たときは、濱あゆソロ(カラオケ)だったので、サポの豪華さにおののいた。
無駄に豪華だよ。無駄に気合い入ってるよ。

団長やっぱり歌うまい。
ダンス(横に平行移動するやつ)のなめらかさにシビれた。

「あんたたち、白塗りが大好きなんでしょ? 誰が好きなの!?」(濱

客「(一切の迷いなく)リウーーー!」

わろたw 何という壮大なオチw


・ジョニーパイソン

トイレ休憩して戻ってきたら、「悪の華」(B-T)流れてて。
どうやら、金八先生のモノマネで「悪の華」をやっていたらしいですね。
うおお、ちゃんと観たかった!


・ピノキヲ

「アルコール依存賞」受賞はグルグル映畫館。
グルグル登場!と、幕が開いたら、センターに立っているのは…
おにいたまwww
えー! なんという出オチっぷりw
普通にうゆにスタイルで楽器陣はグルグルで、「りっしんべん」を熱唱しておられた。
いやー貴重なモノを観た。

「(鳶が)PSP で狩りをしていたから鈍器のようなもので殴った」とかいう茶番を挟みつつ、ピノキヲのステージへ。

ピノキヲがチッタのステージに立っているというのが、
もうものすごい奇跡のように見えてくる。

MC はそこそこな感じで。
「桃井はるこの汁がこのへんに落ちてるかも」とか言ってた。
おにいたま、モモーイ好きだよね。

曲は、「逆さま~」「東京ラジオシティガール」「ふわりと飛んで~」とかやったかな。


・グルグル映畫館


鳶が戻ってきて、晴れてグルグル映畫館。
しかし、歌詞飛ばしすぎ。

「悪の華」もちょろっと歌っていた気がする。
ジョニーパイソンに感化されたようだ。

〆は「僕はタタかわねばならない」だったんだが、
鳶はラストに「遊びはここらで終わりにしようぜー!」と叫んでいた。
悪ノリしすぎだw


・SEX-ANDROID

「最優秀主演男優賞」を受賞した JUNRO。
一発ギャグ(怒る→教卓に勢いよく手をつく→板が飛びあがってオデコにヒット→白い粉が舞う)を再演してくれた。
実にいい粉の舞いっぷりだった。漢だね!
「ちょっぴりぴん」もまた踊っていた。

ライヴはやっぱ盛り上がるね。すごい人気だね。


・犬神サーカス団

「優秀一発ギャグ賞」を「フェニックスのポーズ」で受賞した情次さん。
「優秀助演女装賞」を受賞した明さん。

明さん…完璧な女装でした。
照れや恥じらいがなく、「キレイな私を見て!」という堂々たる女装が
明姐さんらしい。
ナイス低音ヴォイスなだけにこのギャップがたまらない。
女装姿でドラム叩いてた。素敵だ。

ライヴは、わりと最近の曲が多めだったのかな。
昔のしかわからないので、ちゃんと音源手に入れよう。


・セッション「学園天国」

「最優秀主演女優賞」を凶子ちゃんと濱守が奪い合うという茶番を挟みつつ
全員登場で「学園天国」。

上手ソデに隠れるようにして立ちつくしていた、スッピンおにいたまから
目が離せませんでした。

---

〆て6時間オーバーの長丁場イベント!
疲れたが、全部見逃せなくておもしろかった。

この人たちは10年以上前から全然変わっていない気がするんだが、
このまま続いてくれるのかな。
楽しみだったり、ちょっと不安だったり。


スポンサーサイト
2010-05-05 21:58 | グルグル映畫館 | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://qualia82.blog42.fc2.com/tb.php/219-2dba4854
04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。