スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
FLOPPY@タワレコ新宿インストレポ

新井薬師で花見をして千鳥足&赤ら顔のダブルパンチで駆け付けた。
じゃんけん大会があったのだが、危うく勝ち抜きそうになって心臓に悪かったぜ。
リアルにリバースするところでした。
あ、前方で観てたんだけど、メンバーのゴーグルに反射して自分の顔が映ると、一気に現実に引き戻されるなー。


■FLOPPY
 2010年4月3日(土)@タワーレコード新宿7Fイベントスペース
 【ミニライブ&トークイベント】


前回ほどではないけど、やっぱり緊張してんなーというのがダイレクトに伝わる気まずい空気。
小林さんの手がプルプルしてるのがかわええ。
ライカとか自主盤でのインスト経験値は高そうだけど、
こういう一般人が冷やかしでも見えちゃう会場ってやりづらそうだよね。
三浦さんがミキサー卓を絶妙にいじりつつ進行。


・全曲解説


「PROTOSCIENCE」をふたりで全曲解説。
前回もやってたんだけど、こういう音楽のまじめな話って好きだ。

「春風」は、やはりドS 戸田さんによる息継ぎがないってのが話題に。
戸田さん的には「バブル」な感じでつくったらしい。

「就職戦線異状なし! 波の数だけ抱きしめてぇなっていう」(小

ココでちゃんと笑いが起きて、ヲバンギャ的に安心した!

「3周ぐらいしてくれるといいんだけど、直接受け取られるとねぇ…
やばいよね」(戸

FLOPPY というユニット自体がそういうアプローチなんで、
聴いている人にはちゃんと伝わっていると思うよ!

「パポピ」は「鶴瓶上岡パペポTV」からとったんだそうだ。

「meta色吐息」は、制作中にテルヲさんから remix が届いたそうで。

「(自分たちの remix とテルヲ remix が)どっちも原曲から離れすぎちゃったので、(自分たちの方を)原曲に近い形に戻しました」(戸

それは大正解だったと思う。
今回のコレで初めて聴く人もいるだろうし。

「哲学堂心中」では
「今日、哲学堂の横通ったんだけど、桜がキレイで」(小

「哲学堂って、まんが道のトキワ荘に出てくる哲学堂ですよね?」(戸

戸田さんもてっきり前から哲学堂知ってるもんだと思ってた。
個人的にこの日の花見、哲学堂か新井薬師かで迷ったんだよねー。
哲学堂は人少なめで公園としても楽しいのでおすすめです。


・ライヴ「黎明」「哲学堂心中」「meta色吐息」


「黎明」でギターソロがあったことを忘れていた小林さん。

大絶賛曲中に
「ふだんはここで! サポートの人がギターソロ弾いてくれます!(以下口ギター)」

という、斬新な1曲を観れた。
アレ、知らん人が見たら、ちょwオマエ手にギター持ってるじゃんwって話だよね。

曲後に後ろ向いて発声練習をする小林さんw

「全然声出さないでステージ上がっちゃって」(小

ギターを置いて「哲学堂心中」。
この季節に聴く「哲学堂心中」は本当に好きだ。

で、「meta色吐息」で〆。

---

戸田さんのトークを聞ける機会も滅多にないんで
そういった意味でも貴重なインストアイベント。
戸田さん、アドリブに強そうだし、オチつけるのもうまいから
ふだんからもっとしゃべったらいいんじゃないのかな。




スポンサーサイト
2010-04-07 13:05 | FLOPPY | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://qualia82.blog42.fc2.com/tb.php/209-b0e44421
07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。