スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
cali≠gari@武道館レポ

遅くなったが、解体レポ。
1階南東、関係者席真後ろというアレすぎる席でいろんな意味でハラハラしました。
青さんが「おセックスは好きかしらぁ~?」と叫ぶたびに、
前の席の微動だにしない老夫婦を見て現実に引き戻されたりしました。
cali≠gari が武道館だなんて、「第5実験室」をひっそり聴いていた高校時代には思いもよらなかったな。
ラストだなんだってことよりも、「国家の猥褻物」な人たちが
日の丸の下、建国記念日にやっちゃうのがすごい。

■cali≠gari
 2010年2月11日(祝・木)@日本武道館
 【マストライブ「解体」】


サブタイトルを変えながらあおり続けてきたプロモーションが功を奏してか(?)売り切れたらしい武道館。
武道館なんて見切り席次第でいかようにもソールドアウトにできちゃうのであんまりアテにしていなかったのだが、
フタを開けてみれば東も西も2階の最後列までびっしり埋まっており
立派なソールドアウトっぷりだった。

20分押しの貫録のスタート。

おなじみのロゴ電飾に、上部にスクリーンを設置し
タイトル流しつつ映像を交えつつ。

石井は想像以上のひとりパリコレっぷり。
青さんは相変わらず青さん。
研次郎は遠目だとかなりいかつい翔やん。そしてひとりメタル。
誠はハンパない安定感。

新曲を2曲はさみつつの定番曲&人気曲がメイン。
「依存という名の~」が聴けたのは本当にうれしかった。
「せんちめんたる」もしっかり聴けたし。

石井は MC やりにくそうだったな。
「ふだんはオレが何か言うと、ひとりかふたり返してくるやつがいるんだけど」

実はうれしかったんだね! このツンデレめ!

研次郎の MC では、
研「男ー!」
客「ウオー!」
研「そんなんじゃ青が喜ばねぇーぞ!」
研「女ー!」
客「イエーイ!」
研「そんなんじゃ誠が喜ばねぇーぞ!」

ワロタw
あんちゃんの教育ってすごかったんだなぁとしみじみ思ったw

「武道館が埋まるかどうかなんてどうだっていい。
オレと誠のうちわ買えよー!」
ってのもものすごいワロタw
このオチ具合とかもマシンガンズのタマモノだなぁ。

ホントは青さんが「空想カニバル」をやりたかったらしいんだけど。
「アンタたちが聴きたいかどうかは重要じゃないの。
アタシがやりたいかどうかなの」
みたいなことを言ってて、青さん変わんなくていいなーと思った。

本編は意外や意外、さらっと終了。
ステージセットもシンプルだった上に、特効もなく構成も潔い感じで。

アンコール前はおなじみ、無駄に気合の入った
撮りおろし再現ドラマ「武道館秘話」。
石井役のオナンちゃん、テライケメンw
青さん役の Ya-su さん相変わらず一本調子w
研次郎は復活のときのドラマと同じで、指圧からチョッパー奏法を生み出した外人w(てゆーかアレ誰w)
誠役は誠w

アンコールでは研次郎のゴリッゴリのソロ。
「月夜の遊歩道」のイントロを弾いてくれたんでテンションあがった。
そのまま曲へ?って期待もほのかにあったんだけど、さすがにそれはなかった。
後半は誠とのセッション。安定感あるなー。
このリズム隊があるから、ギターであれだけ遊べるんだよな。

そして青江登場のドラァグクイーンショウへ。
ここにきて初めてカリガリの武道館!って感じがした。
オナンちゃんはいたのかな?
つか、これだけのドラァグクイーン&ゲイ(客席含む)が
日の丸の下に集まったのは初めてなんじゃないんだろうか。

「サイレン」と「ブルーフィルム」で華々しく銀テ特効が舞って終了。

最後は「君が代」の SE で〆。

アンコールこそ“っぽさ”があったのものの、
トータルではカリガリのわりに比較的こざっぱりしていた印象。
メンバーのあの年齢とキャリアだからこそ、今のこのタイミングだからこそ
このシンプルなライヴになったのかなぁと思った。
それこそ20代で武道館だったら、また魅せ方も変わっただろうなと。

こんなこと言ったら青さんに鼻で笑われそうだが、
こうしてホールでしみじみ観ると、カリガリって“良質な日本のポップス”なんだよなと改めて感じた。
アプローチこそアングラだけど、根底は計算しつくされた秀逸なポップス。
そこに青さんのモロモロの策略が乗っかるからおもしろいんだよね。

「グッド・バイ」をやらなかったのは、もちろん確信犯だと思ってる。
また観れたらいいな。
別室会員限定の LOFT にはサラサラ行く気がなかったりするけど!

スポンサーサイト
2010-02-17 12:30 | cali≠gari | Comment(1) | Trackback(0)
Comment
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- 2010/02/19(金) 20:06:09) 編集

コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://qualia82.blog42.fc2.com/tb.php/197-4fde2f1f
10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。