スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
FLOPPY@高円寺レポ

何やらすごいスリーマンだったので駆けつけたよ。
家から5分で行けるハコってやっぱり素晴らしい。
みんなもっと高円寺でライヴやったらいい。

■FLOPPY / 中野テルヲ / PEVO
 2010年1月14日(木)@高円寺HIGH
 【Education】


・中野テルヲ

まさかの一番手!
カッコよかったなぁー!
超音波+短波を扱うパフォーマンスってすげぇね。
純テクノな感じで単調な音がつながっていくと、うっかりすると飽きがちなんだが(特にイベントなんかの場合は)、実験音楽の要素もりもりなんで興味津々で楽しめた。
きっとすっごいまじめな方なんだろうな、と MC で思ったり。


・PEVO

宇宙人3人+地球人1人って構成がステキです。
はじめの1曲、そういう設定なのか PA の問題か、自分の立ち位置の問題か、ヴォーカルがほとんど聞こえなかったが、そういう曲なのか。
意外とアッパーなサウンドだったのに、フロアが静まり気味だったのが残念。


・FLOPPY

まさかのトリ。動員から考えれば妥当なんだと思うけど。
小林さんは昔の髪型に戻り、バッサバッサしてた。どうしたんだろ。
去年の短髪スタイルは男前度がアップするので、また期待したいところ。
「パイク」で始まり、「VOID」「everything」「スローモーション」「R.A.M」あたり(非常にざっくりだな。実際もっとやってる)、アンコールが「紙飛行機」だったかな。

「FLOPPY はテクノだと思ってたんですよ。
でも、リハを見てたら、FLOPPY は普通のロックバンドじゃないかと(笑)」(小林さん)

たしかに。でもそういう立ち位置こそオイシイじゃないか。
テクノに交じればロックで、ロックに交じればヴィジュアル系で、ヴィジュアル系に交じればテクノ、みたいな。オイシイ異質感。

小林さんは、このニュースにすごい食いついてた(あえて痛いニュースで)。
そらうらやましいわな!
で、今年の抱負は「若く見られる」とかなんとか。
三浦さんの「弟は、40だよ!」ていう小林さんへのツッコミ(ボケ?)がナイスタイミングでおかしかった。

戸田さんの今年の抱負は「じゃあ、メジャーデビュー!」。
ネタっぽいけど、意外と本気だと思うぜ!
戸田さんはけっこう野心家だと思う。いいことだ。

小林さんはまた新しくギターを買ったようで。

「ハルヒの長門モデル(Gibson LTD SG Special Classic White のこと。ホワイトは日本限定カラーなのね)なんですよ。
だから一時中古の値段も高くなったらしくて」

とか言いつつも、MC 中にギターのネックががんがん下がってくるのを直してて。ストラップあってないんじゃね?とちょっと気になったり。

ライヴ自体は、ライヴそのものが久々だったこともあって、フロアの方がちょっと距離置いているというか、昔の雰囲気というか。
ツアーやるといいノリになるのだがね。
時間が経つとまた戻っちゃう感じが残念だなー。
コール&レスポンスとか MC へのツッコミなんかは積極的なんだけどねー。

ミニアルバムのレコーディングをして、その後ツアーもあるっぽいので今年も楽しみにしていよう。

次は行けたら2月2日の LOFT!


スポンサーサイト
2010-01-15 18:52 | FLOPPY | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://qualia82.blog42.fc2.com/tb.php/192-eb34c06c
08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。