スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
筋少横浜レポ

横ブリ行ってきたー。
思えば今まで横ブリは筋少でしか行ってないや。
実家にいるときは気づかなかったけど、東京から行くとやっぱ遠い。

・筋肉少女帯
 2009年12月5日(土)@横浜BLITZ
 【PV集DVD復刻記念ライブ!…だからって昔の曲ばかりやるとは限らない!09総決算】

本人たちも言っていたとおり、初期曲ライヴとはガラッとセトリを変えてきた!
大阪から1週間でこれだもん。
リハはさぞかし大変だっただろうなぁ(特にヴォーカルの人)
ドラムが長谷川さんに戻ったので、たぶん初期曲は1曲もやらないだろうなとは思っていたけどね。

「仲直りのテーマ」「心の折れたエンジェル」で始まる。
逆に新鮮で懐かしくすらある。

「C.C.レモンホールではなぁーオレがアカペラで歌った『日本の米』!
今日はね、バンドのみなさんも連れてきました! 演奏つきですよー」

ちょwひでぇwwと思ったら、
ちゃんとタイミングよく橘高ちゃんからパシーンとピックが飛ぶw

「こんなこと言ってるから休止になったんだよね」
みたいなことをオーケン言ってたw

アレいいよなー。ツッコミをピックで入れるっていうワザ。
橘高ちゃんとおいちゃん以外にやってる人を見たことないんだが、
もっと浸透したらいいと思う(そこかよ

最近のオーケン宅では、シャワーが壊れ、
東急ハンズで買ったシャワーヘッドに交換したのにもかかわらず
直らなくて、男らしく“1本シャワー”なんだそうだw
(客席から「ちょw それホースw」って言ってる人がいておかしかった)

「そのシャワー浴びた後にどんなプレイをしてるのか教えてやれよ」
という橘高ちゃんの秀逸なトスにより、
「幼児プレイに決まってんだろー!」で、「踊る赤ちゃん人間」へ。
赤ちゃん人間(←曲ではなくプレイの方)進化してて、
ドラムセットのまわりでハイハイとかしてたなw

そして、この日のレア曲といえば、「抜け忍」!
たぶん「新人」ツアーの4本(?)でしかやってなかったような記憶があるので、新鮮だった!
間奏の茶番劇は簡素化されていたような気がする。

「人間嫌いの歌」では、なんと! フロア下手横からエディが登場!!
今日はなんで閉鎖されてんだろ?と思ったらこういう演出か!

「これでいいのだ」では何を思ったかオーケンが珍しくステージ下へ。
でもステージに上がろうと思ってもちっとも上がれる気配なしw
なんてひ弱なwww
スタにひっぱりあげられてたな。

くやしかったのか、アウトロで「もう1回! もう1回!」といって
ふたたびステージ下へ。でも上がれないw
やっぱりエディとは違うんだなということを改めて痛感した。て、当たり前かw

「機械」「サンフランシスコ」とアガる名曲が続いて「労働者M」。
なんかやっぱり懐かしい。

アンコールでは、今後のモチベーションの話(?)か何かで
オーケンと橘高ちゃんの会話を遮り、おいちゃんが
「グリーン車を目指そう!」って言ってたのがおかしかったぜ。

「復活後、おいちゃんがステージでギャグ言うの初めて見たよ!」(オ

「人の話割って入ってくるおいちゃんを初めて見た!」(橘

という、レアな一幕もあり。

オーケンがタイトルコールで
「あ~なんだ~? 次! 『極めよ道! 悟れよ我!』」
って言ってたのもおかしかったなw

あと最近地味にいいなーと思うのは、オーケン&うっちーがすごい仲良さそうなことだ。
MC でのはしゃぎっぷりがほとんど中学生。
いやー復活して本当によかったよなー。
凍結中には見かけるのもイヤで(オーケンが一方的に)
電話で話すのも避けてた(オーケンが一方的に)
はずなのに、で、特撮に至っては脱退もしてるのに
こんなになるなんてなー(涙

あ、エディも自腹で買った上に「すっごい楽しみにしてる」と言っていた
オーケン朗読CD「Sleep well tonight」は別途エントリをあげることにする。


スポンサーサイト
2009-12-14 16:03 | 筋肉少女帯 | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://qualia82.blog42.fc2.com/tb.php/179-28fb09b4
07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。