スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
筋少初期曲@大阪レポ

週末で大阪・神戸行ってきた―。
毎度のことながら、遠征なのに(いつもという説もある)
声を発したのは、一方的なメンバーへの呼びかけと食べ物やの店員への注文だけだったという。

大阪で筋少観るのいつぶりだろ?と思ったら去年の Hatch 以来だった。(まったくの嘘だった。今年の6月にシーズン2ツアー、ビッキャで観てるし!)
そろそろさ、東名阪以外の札仙広博ぐらいも含めた全国ツアーやってもいいと思うんだが、どうなんだろう。
待ってるぜ全国のニコニコ仲間が。


・筋肉少女帯
 2009年12月5日(土)@大阪BIG CAT
 【どこへでも行ける切手 初期アルバム1st→8th曲限定ライブSP】

オーケンおいちゃん間の自分的定位置3列目ぐらいで鑑賞。
すごいギュウギュウだったっぽいね。初期曲パワーすげーや。

セトリ的には特に目新しいものはなかったかな?


はじめの方の MC では、「HEY!HEY!HEY!」ネタで。

「筋少をゴールデンで歌うときが久々に来たか!と思ったら、
オレひとりでひな壇タレント扱いだった」(オ

いまいち反応が薄かった気がするが、
関西でももう放映されてんだよね?

で、移動ネタ。
「乗り遅れたメンバーがいるんですけど。ノってるかー!?」とオーケン。

オーケン、オーケンマネ、橘高ちゃんが乗り遅れたもよう。

「駅までね、タクシーで行ったんですよ。
ひな壇タレントは電車なんかぁ使いませんよッ!(得意げに
そしたらあと2分ってところで混んじゃって。
マネージャーに電話したら、『自由席の列に並んで待ってます!』って」

この時点ですでにフロアからは「じ、自由席……」「な、並ぶ……」と
つぶやく声がw

「で、あー座れてよかったよかった、って座ってたら
『ここ僕の席なんですけど』って言われたんで
マネージャーが『ここ自由席ですけど!』(得意げに)って言って
上見たら『指定席』って(笑)
すいませんすいません!って自由席に移動して」

ちょっと、永井さんしっかり!w

ロックバンドなんて自由席がデフォらしいよ。

「なんて言うんだっけ? いい席。あ、グリーン車か、グリーン車。
(←橘高ちゃんに「そこかよ!」って突っ込まれてたな)
テレビ番組に呼ばれたりするときだけ乗れるけど
おしぼりが出てきてびっくりするよね」

「橘高さんも自由席に?」(オ

「ああ、自由席だよッ!」(橘

先日の BlackHole ライヴに引き続き、エディのソロCD 告知 MC もあり。

「いつもだいたい『あそこああすればよかった、こうすればよかった』
とかあるんだけど、今回はそれがない。一曲入魂の自信作!」(エ

「僕もね、朗読の CD を横浜、赤坂で販売するんだけど……
僕、滑舌が悪いうえに女言葉が多いから、オカマがしゃべってるみたいになっちゃって……」(オ

ふだんでも十分オカマ……というか赤ちゃんぽい気がするけど。
マイク持つとき素で小指立ってり、男性タレントをちゃんづけしたりする時点で素質もありそうだけど。

エディが、
「お話 CD っていいよね! オレお話 CD だけで100枚ぐらい持ってるもん」
って言ってたのがかわいかったな。お話 CD って。

三年殺し&大残酷の DVD の告知もあり。

「昔の見ると、メンバーの芸が確立する経過がわかっておもしろいですね。
『日本印度化計画』のとき、橘高さん、黒髪なんですね!」(オ

「PANTAさん(頭脳警察)みたいだよね」(橘

「でもさ、80年代に PV 撮らなくてほんとよかったよねぇ。
パステルカラーの衣装着て、1カメに向かってみんなで(拳握りながら)歌ったよ、絶対」(オ

「それ、JOURNEY のことだろ?」(橘

わたしも JOURNEY の「Separate Ways」しか思い浮かばなかったよ。


「『氷の世界』は各自封印するように」(オ

オーケンがイヤモニを探してるあたりから、
「耳に拳をつっこまれているみたいだ!」と MJ ネタに。

「マイケルが筋少歌ったらどうなるのかな。
ボヨヨンロック(だっけ? 忘れたけど、そのあたりのライン)とか
歌ったらうまそうだよね」

「ヨーッ! ポッポッウ!」(←MJ 的高速のフリ付き鉄道少年の憩)

だいぶ気のふれたボースカにしか聞こえないんですがw

「ヨーッ! ポッポッウ! ヨーッ! ポッポッウ!」

しつこくリピートするオーケンw
オーケン的にお気に入りっぽい。東京でもしつこくやってくれることでしょう。
というか個人的には、あんな高速の動きができるぐらいに膝が快復したのがうれしいです。

「愛のリビドー」では、というかよりによって「愛のリビドーで」
エディが 脱 い だ w

オーケンが途中で、筋少のオーケンの顔からふっと素の顔に戻って
ニコニコしてたんで、おや?と思って見たら、エディが裸www

「エディがステージで裸になってるのを見たのなんて、新東京正義乃士以来だよ!」

ってオーケンも言ってた。

ありがたいおヌードを頂戴いたしました。

次の「スラッシュ禅問答」では、タイトルコールの後に曲が始まらず無音状態に。

「え!? また脱いでるの?」とエディの方を確認するオーケン(脱いでるわけない)

「何? 誰?」と入りをミスったメンバーを確認するも
「あ! オレか! オレか!」

おまえだよw
まったくオーケンって人は相変わらずだなぁ。
フリーダムだなぁ。

最後の方の MC で、来年の告知があるのかな?と思いきや

「震えて待て!」(オ

だそうです。
ま、期待してていいってことだよね。

全体としては非常に楽しかったです。
ライヴハウスでのライヴ自体が久々だったってのも大きいと思う。

メンバーもそりゃ楽しそうで、
めずらしくオーケンがなかなかはけず、ステージに残ってた。

ファンキーさんのドラムは東京よりまとまってきたかも。
ただ、長谷川さんの高速ドラムに耳がなじんじゃったせいで、
イワンだけはあのテンポが気になってしょうがない。

PA の関係だったのか、今回はおいちゃんの音がすごくクリアに
ダイレクトに伝わってきた。
ひょっとしたら今まで観たライヴでいちばん聞こえたかも。


初期曲はけっこう満喫できた気がするので、年末の3本で
後期曲&復活後の曲とどうからめてくるか、楽しみだ。


スポンサーサイト
2009-12-08 19:02 | 筋肉少女帯 | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://qualia82.blog42.fc2.com/tb.php/178-86851072
08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。