スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
オーケンシャッフルレポ

人生初の柵崩壊中断ライヴ。
むかーし、某PIERROT で、雪崩中断はあったような気がするんだけどね。

■大槻ケンヂ20th BAND@池袋BlackHole
 2009年11月23日(月・祝)
 【シャッフル!オーケン!】


イープラスの神様のイキな計らいにより、
オーケン、エディ間の最前で観れた。

客電落ちてすぐに押しが強くなり、早くも柵が崩壊。
プラスチックの簡易的な柵がガムテで床にとめられているだけの脆弱なやつだったんで、当たり前といえば当たり前で。
「キャラメル」「ヤンガリー」と2曲続いて盛り上がりに勢いがつき、
私の上半身は完全にステージに乗り上げ、オーケンのモニターにしがみついて見上げる状態にw
エディもいたし、やっぱり下手側の方がノリがよかったぽいな。
これはマジでありえねぇえw 命が危ないwと妙にハイになったところで、一時中断。

下手のスピーカーが半分落ちてるような状態になってたんで、
急きょ柵を投入し、改修作業を始めるスタッフ一同。

「ライヴ中にライヴハウスの改装が行われている!」と、オーケンもびっくり。

永井さんがスピーカー後ろに隠れながら、落ちないようにヒモ引っ張っている姿を見て、オーケンも爆笑してた。

スタさんが、「あまりコレ(柵)を頼らないように……」って言ってたけど、ライヴハウスでは柵が命だよ!w

「前へ押しても何もイイことはないっ! 20代30代はよく知っているだろー。上へ! 上へ!」
と上手に誘導。

「こんなところで死んだら悲しいよぉ~?
あっちとこっち(2つのスピーカー)で1、2、3……6人の命が池袋の夜空に……(笑)」

こういう非常事態に直面すると、オーケンのライヴスキルの高さがより際立ったような気がした。

危機が直面してるのにもかかわらず煽る、なんてことはもちろんしないし、
かといって頭ごなしに押さえつけて距離を置く感じでもない。
でも「死んじゃうよ」っていう現実をちゃんと伝えつつ、
ライヴとしてのテンションの高さを保ったまま、間をつなぐ感じ。
で、結局は自分が持っていこうとしているところにしっかり誘導できるコントロール力。
でも終始ネタとして楽しむ余裕も持ちつつ。

このバランス感覚はなぁーやっぱすごいよなぁーと思った。
どうでもいいけど、客との対峙の仕方を見てると、この人は案外子育てとかうまいんじゃないかなーと思った。新発見(なんだこの結論w

オーケンにうまくコントロールされた我々は、その後は何事もなくスムーズに進行。
狭いハコで押しがないのはホントはさみしいんだけどね。

オーケンはヴィヴィアンのグレーのスーツ、HYS の Tシャツにフェトウスのリストバンドしてハットかぶってた。
相変わらずなんという90年代バンギャルファッション!w

最近のオーケン、トイレが近く(老化による頻尿?)、エディに「犬みたい」と言われてるんだそうだ。
中断しているときも「じゃあトイレ行ってくるー」とか行って消えてたなw

「最近、家でフェスの DVD とか観てるのね。
出てくる若いバンドのコたちが、もやし!!
で、筋少の PVDVD 観たら、オレもエディももやし!」

100歩譲っても、エディもやしはないだろwww

今回は、エディもしっかり MC してたな。新譜の告知をからめつつ。
筋少以外でオーケンと同じステージに立つエディは、実にのびのびしてて楽しそうで気持ちいい。
筋少では、いい意味で一歩引いてる感じなんだよね。

新譜について
「声とか入ってたりするの?」(オ

「ハァハァしてるの入ってる人もいるけど、オレのはそれはない」(エ

ハァハァってエディが言うとおもしろすぎるw
代わりに鼻息は入っているようです。

エディは「NARASAKI は、アニメ男になっちゃって」とか言ってたな。アニメ男ってw

「SWEETS」のアウトロかなんかでそそくさと消えたオーケンは
衣装替えをして登場。
O-KEN ブランド風のデニム(ラインストーンいっぱい、O-KEN ネーム入り、「ロコ!思うままに」の英訳プリントが入ってた)の裾にヌンチャクぽっけがwww
何かおかしいぞ! 母さんが夜なべした系にしか見えないぞ!
誇らしげにヌンチャクを IN してましたが、結局すぐとってるし、使わないし。
あのデニムはどっかから発売されるんだろうか……
我々もアレを履いて、マイヌンチャクを IN してライヴハウスに足を運ぶ日が来るんだろうか(遠い目

あと、オーケンの MC カンペがよく見えました。
一部晒しますと、

「若いバンド」「ブルーレイ」
「バーニーさんギフソン」
「打ち上げ、どうするか」
とかあの小学生的な文字で書いてあった。
CD の歌詞カード、本人自筆で印刷されてなくて本当によかったと痛感する瞬間だ。

ライヴ中には触れられることのなかった
「XYZ、きったか泣く」
www

オーケンがどう切り込んでいくのか聞きたかったな。

カンペは客がライブレポ書くためにメモってるのとほとんど大差なし。そのときの本人しかわからないようなことが単語ベースで書いてあるのね。

ライヴは総じて楽しかった。
オーケンいわく、
「歌いたい曲を集めたらバラードが多くなって」ということで
電車はカットされちゃったのが残念だったけど
(OUTSIDERS あたりはやるかなと思ったんだけど。
まぁ単に忘れてただけっぽいけど)
メリハリついててよいライヴだった。

特撮観たいです。
ありまっちゃんの VAMPS がどうにかなれば、どうにかなるんじゃないかと思ってる。

スポンサーサイト
2009-11-26 16:27 | オーケンソロ | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://qualia82.blog42.fc2.com/tb.php/176-294d233d
10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。