スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
FLOPPY@渋谷レポ

FLOPPY のツアー無事終了。
結局、東名阪最前制覇ツアーになってしまった。痛いぜ自分。

■FLOPPY@渋谷CLUB QUATTRO
 2009年11月20日(金)
 【Deus ex machina Tour】


東名阪ツアーの最終日。

小林さんいわく、この日も“ノリノリ”なセットリストで。
サブギター(弾かない)までステージに置いちゃったりして。
内容的には名阪の統括であり、ツアーの統括にふさわしいライヴだったんじゃないだろうか。

小林さんは DVD を観て、AC/DC に影響を受けちゃったらしく、
「アンガス・ヤングさん」呼ばわりしてたのがわろたw
ギターを持ちながら耳に手をあて、ワンテンポ置いて歓声が響き渡るってのに憧れたらしく、さっそく実践。
「Anvil」「SCHOOL OF ROCK」ネタも混ぜてた。
Anvil とか観るんだね。ちょっと驚いた。FLOPPY メタル化?(それだけはない)

戸田さんも相変わらずテンション高めで、足でシンセを弾きこなしておられた。

メンバー紹介は
戸田さん「on すごい」「on 科学」
三浦さん「on 高い」←高いシンセ使用
YANAさん「on おいしい」←おいしいもの好き

ってなんだこれw 斬新すぎるぞ。
YANAさんに目を付けられると、いっぱい食べさせられるんだそうです。

三浦さんにライヴ告知をふり、「オレ? FLOPPY のメンバーじゃないのに?」と当人もびっくりしつつ、年明けの中野テルヲ・PEVO(!)との対バンも発表され。
「とくにヒロムくんが喜びそうだよね」(三浦さん

あーなんか順調にデカくなってってる感じだねー。

余談ですが。
撮影をしていたカメラマンさんとお話できまして。
この日のもようは12月発売の「Five For Magazine」に掲載されるそうです。
日本のヴィジュアル系を欧米向けに発信している雑誌みたいですね。初めて知った。
クアトロはステージも高いし、メンバーも背高いから撮影が大変だったんだとか。

---

東名阪観て、FLOPPY が別のフェーズに到達したんだなーという確信をした。
前までは単純に FLOPPY の音楽が好きで、ライヴで聴ければうれしいや。ぐらいのものだったんだけど、今回のツアーで、ライヴの楽しさが別次元に進化した感じ。
なんだろ。バンド(じゃないんだけど)が、大きくなりつつある瞬間だけに感じられる、ハイなテンションというか。
メンバーのメンタル的な部分でもずいぶん変化したんじゃないかしら。
信頼できるサポートが入り、任せられるところは任せて、自分たちのやりたいことに専念できる環境になったことも大きいんじゃないかなっていう。

あとね、やっぱ小林さんのライヴスキルはすごいわ。
って今さら言うことでもないんだけど、改めて感じた。

スポンサーサイト
2009-11-24 18:45 | FLOPPY | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://qualia82.blog42.fc2.com/tb.php/173-5c953ede
07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。