スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
オーケンプラグレスレポ

最近ほんとにレポがライヴに追いつかないぜ。
遅ればせながらオーケン&ポンすけレポ。
南青山マンダラに1度行っときたいという衝動に勝てず
仕事中抜けして行ってきた。
マンダラは非常に素敵でした。
吉祥寺の曼荼羅系列のハコなんだが、スタパといい何といいセンスがよすぎてたまらん。
私の結婚式2次会会場の候補となりました(いらん情報
ハコのレポはこちらまで。

■大槻ケンヂ/ポンすけ
 2009年10月5日(月)@南青山MANDALA
 【ミッドナイト・プラグレス・カフェ・ライヴ第3弾withポンすけ】

1曲目は「蓮華畑」という意外な選曲。
「シーズン2」リリース前に先行してプラグレスで1回やったのを聴いた気がしたが、
リリース後は初めてじゃないかな?
改めてプラグレスで聴くとじんと沁みる曲。

「パティー・サワディー」、「よろこびとカラスミ」としっとりと続き。

「池の上陽水さん何してるのかな?
鬱になって入院して、しばらくは入院日記みたいな写メが送られてきてたんだけど、
ぱったり来なくなった。知ってる人がいたら教えてください」

客は知らんよw
というかちゃんと連絡とってあげてください。

「今日のライヴの趣旨は何だっけ?」というオーケンの問いに対し
うまくまとめるポンプさん。

「最近趣旨がよくわかってないんですよ。
この間筋少で2日間40曲かぶりナシ!っていうライヴをやったんだけど
リハまで趣旨がわかってなくて」

ええー! オーケンのことだからなんとなくわかるけどw

「最近そういうの多いんですよ。ミーティングしてても話あんまり聞いてないし。メモもとんないし。
世の中にはやる人と、やらなくてもどうにかなる人の2つがあって。
僕はボーッとしててもどうにかなる人。天皇型なんですよ。お飾り。マークみたいなの」

おっ、うっちーのコメント泥棒!w
でもそれに気づいたからこそ、オーケンのアクティブだけどゆるい、みたいな今の活動があるんじゃないかな。
主体性のないところで強烈な主体性を発揮できる人というか。

「もともと音楽なんてよくわかってなくて(中略)
自分が歌手だっていう意識がなかった。
昔は女の人のハダカがモチベーションになってて。
だって中学生のころ、高円寺で水撒きしてる女の人がいておっぱいが見えたのね。
で、夏の間中そのあたりぐるぐるしてたもん。また見れるかも知れないと思って(笑)
で、30すぎるとそいういう欲もなくなってくるじゃない。でしょ?」

「うんうんわかるわかる」って終始うなずきながら聞くポンプさんがステキすぎる。

そんなオーケン、最近意識革命が起きたらしいんだ。
新たなるモチベーションを見出したらしいんだ。

「FOX チャンネル!『アメリカン・アイドル』って知ってる?」
というくだりから、アメリカのオーディションTV番組「アメリカン・アイドル」ネタに突入。

その番組ではめちゃくちゃうまい応募者も、審査員に容赦なく落とされるそうで。
その中でもサイモンなる審査員がすごいんだそうだ。
歌詞覚えてない時点でオーケンなら5秒でアウトw

「君、いつも歌詞カード探してるよね」(ポンプさん

やっぱりそうなのか!w

「僕、歌うまくなろうと思って。いつも心にサイモンを」

めちゃくちゃテレビ番組に影響されまくってるオーケン。
いいことだと思うよ!

「そういえば最近、『オーケン、歌うまくなったねぇ』って言われることが多くて。
『あ、ありがとう』って言っちゃうんだけど……はっと思って。
21年も歌ってるんだけどなぁって(笑)」

みんなの暗黙の了解だとは思っていたが、面と向かって言う人もいるのか!w

「アメリカン・アイドル」で盛り上がったと思ったら
「ミュージシャンってヒマなんですよ。だからなんか副業やりたいと思って」
というまたまた微妙にアクティブなオーケン。

で、楽屋で思いついた副業が、服の袖から出てくるビールをつかめるマシンだそうだw
THE BIRTHDAY とかギターウルフとか G.D FLICKERS とか、革ジャン系の限られた人たちが
ステージでビール飲みながらパフォーマンスできるようにするためのマシン。
なんだそれww
3人がものすごい盛り上がっていたのでヨシとしよう。

ポンプさんが「今日の目玉」っていうから何かと思ったら
「パノラマ島へ帰る」! めちゃくちゃよかった。
この曲はきっとこの間の初期曲2DAYS でやったら、意外とよくって
オーケンが気に入っちゃったんじゃないかと予想。
今後もたくさん聴ける機会があるといいな。

「テレパシー」ではただすけくんがAメロを飛ばすというハプニングがあり、
4回も演奏することに。
はじめオーケンが歌うの止めたから歌詞飛んじゃったんだと思ったのね。
そしたらピアノが不協和音だってのに気づいてたからなんだね。
オーケンすごいじゃん!と思ったぜ。見なおしたぜ。
てか、4回もやって、こんなにドキドキしながら聴く「テレパシー」は初めてだったぜ。

「OUTSIDERS」ではベラが登場!
「『OUTSIDERS』の作曲者のベラが……」みたいな説明をポンプさんがしたら
「ええ! そうなの!?」ってオーケンww
「知らなかったの? だから出てもらったんじゃん」(ポ

実にオーケンらしい。
誰が作った曲とかどうでもいいんだろうな(いい意味で)
先入観なく、曲を感覚的にとらえることができちゃう人なんだろうな。
だから人のカバー曲なんかでも、見事に自分のモノにしちゃうんだろうな。
と、妙に納得できた。

オーケンがベラと話しているうちに飽きてきたらしく、正面向いたらベラが
「おいこら!」って怒ってたのがおかしかった。
「えっ! 今なんで怒られたのかわかんない!」(オーケン

アンコールでは先日のサロペットで登場。

「君、またかわいいカッコしてるねぇ」(ポ

「知ってる? オーバーオールじゃないんだって。サロペットって言うんだってー」
と、自慢げなオーケン。

「それ(サスペンダー)、しないでさげてた方がオシャレなんじゃない?」(ポ

「何!? コレがオシャレでないとでも!?」(オーケン

ワロタw ポンプさんの意見、正しい。

アンコールは「花火」「アザナエル」でまったり終了。

「ミッドナイト・プラグレスカフェ」はすこーし利益が出たんだそうだ。
好きなことをゆるくやって儲けが出るんならよかったね! オーケン社長!

プラグレスのライヴはオーケンの今がわかっておもしろい。
ああ、こんなのに影響受けてるんだなとか、メンタルはこんな状態なんだなとか
そういうのが垣間見えると、筋少やオーケンの音楽を読み解くのがおもしろくなるんだよね。
最近のオーケンは、とくに歌が好きなんだなってのが伝わってきて、純粋にうれしかったり。
なので、プラグレスやのほ学は、こっちもあんまり無理せず
観れるときになるべく観とこうかなと思ってます。

スポンサーサイト
2009-10-12 02:11 | オーケンソロ | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://qualia82.blog42.fc2.com/tb.php/154-ebe18613
10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。