スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
GISHORIX REVIVALレポ

長文レポです。
GISHO先生の残像だけで、まだまだ生きていける気がする。

■2009年8月16日(日)
 PENICILLIN@恵比寿LIQUIDROOM
 GISHORIX REVIVAL


5月の横浜ベイホールでのライヴで GISHORIX REVIVAL が発表されて、
うれし涙が止まらなかったのが、つい最近のようだ。
あっという間に過ぎた3か月。
でも GISHO先生のいない2年はとんでもなく長かったような気がする。
お寺や神社に行くたびに「4人の PENICILLIN をどうかふたたび!」と祈っていたのがついに叶ったよ!(←けっこう本気で祈ってたw

会員ID チェックがめちゃくちゃ押して、客入れにしめて2時間かかってた。
メリーさんみたいに、ID チェックだけ開場前にやればいいのにね。

開演前には CRASH、聖・MARIAN HURRICANE、hyper chord なんかの PV が流れ、ああまた4人のペニが観られるんだなって気持ちが自然と高まる。

客電落ちると今までにない押しと熱気。会場の期待がしょっぱなから全身で感じられた。
今までの PV の GISHO先生名場面集みたいな映像が流れ終わると、歓声とともにメンバーがステージへ。「HELL BOUND」のイントロが始まるとともに、GISHOさんのシルエットが浮かび上がる。
ぎゃーーー! キターーー!
魔女みたいなハットと、首元のストールっぽいモチーフが素敵な、黒のパフスリーブ風ワンピ(というのかあれ?)の GISHO先生!
2年間、とんでもない重圧のかかる超多忙な経営者やってたとは思えぬ麺っぷりだよ!
眼力はむしろ進化すらしている。
アラフォーで2年現役退いてて、どこをどうするとああなれるのか、教えてほしい。

そしていきなり200%ぐらいの力で煽る、動く、廻る、GISHO先生!
どんだけペニが恋しかったのよw
3曲目の「QUARTER DOLL」でステージ下へ。
どんだけアグレッシブなのよw

立て続けに激しい曲だったので、頭振りたいんだけど、振ると GISHO先生が見えない! 見てるとノレない! といううれしいジレンマもあったり。

最初の MC ではくえい兄さんも、
「もういろんなこと思い出しちゃって。
オレのこっち(下手)側、こんなに熱かったなぁーと(笑)
熱さで言ったら、HIROKIさんだってテンションの高さはトップレベルなんだけど、GISHOくんは……(笑)」
なんて言ってほんとにうれしそうで。

GISHOさんもひたすら、ヴォーーーイ!!と煽りまくってたw
つかあそこまでアグレッシブだったっけ?w

GISHOさん的に社長業は「ソロ活動」だったらしい。
みんな爆笑。
「そこ笑うとこじゃないでしょ! 新しい名前でがんばってやってるのに」
とか言ってたな。
というか MC が変わらなすぎてワロタ。

みんなにあまりにも「変わらない」と言われ続けて
「何それ進化してないってこと?」とか言ってたw

「僕らはもともと友達だったからね。
僕はむしろ GISHOくんが辞めてからの方がよく会ってる。
職業が変わったってだけで、絆は変わらない」
みたいなことをさらっと言えてしまう兄さんってやっぱり素敵だと思った。

「15年? 16年? いっしょにやってたんだから、2年ぐらい離れてたって何でもないでしょ。
そこいらのバンドとは絆が違うから。
16年自転車乗ってて、2年乗らなくても自転車乗れなくならないでしょ?
……って思ったら、この人(GISHO)自転車乗れないんだった(笑)
1000CCとかのバイクは乗れるのに」(兄さん)

GISHOさんの自転車乗るマネおもしろかった。

ちーもうれしそうだったなぁ!
ちーのギャグを持ち上げる GISHO先生と、それにご満悦なちーという
ライト兄弟のトークが懐かしすぎた!
2年ぶりなのに相変わらずないいコンビで。

なんかの流れで、GISHO先生がキックしてて、
「会社でもそうやってキックしてるの?」(ち
「横キックね。横キックの方がカッコイイから」(ぎ

横キックってちーの中学時代のあだ名じゃなかったっけ?w

Oちゃんは
「2年間全然ベース触らなかったっていうから、最初は正直不安だったんですよ。
でも合わせてみたら全然!
むしろこっちがプレッシャーですよ」
ってらしいこと言ってた。
やっぱりリズム隊はリズム隊ならではの想いがあるんだろうなぁ。

そいや、
「あなたたちはプロでしょー! 私はアマチュアですから」
とか言い放ってたな、GISHO先生。

「make love」では「そしてこの歌を~ぎしょう~のた~めに~」に替え歌w

「GISHOくんがいないと成立しない曲を」(兄さん)という MC で「BVB」。
まさかまたこの曲を聴けるときがくるとはなぁ!
BLUE HEAVEN ツアーでは毎回、最後だと思って聴いてたからものすごく感慨深い。
今回はぴょんぴょんはねる兄さんの姿は見れなかったけどね。

そして「Little Love Story」ですらノリノリな GISHOさん。

「99番目の夜」では、兄さんの「飛べ―!」の声で誰よりも高く飛んでる GISHOさんw

そして待ってた「Desire」!
間奏のライト兄弟の絡みがほんっとに楽しそうで大好きだったのだ。
今回もほんとにうれしそう。特にちーが。
間奏明けに GISHOさんの肩をぎゅっと抱き寄せて、うれしそうなちー。

アンコ2でみんなでビールで乾杯!だったかな。
GISHOさんは高いトコから缶ビール流し込んでドバドバあふれてたよw
空缶はフロアへ。
この光景もものすごく懐かしかった。
シリアス班はあっという間に飲みほして、ちーは一口飲むだけっていうねw

アンコ2は、新曲「AI」から。
GISHO先生が、「メロディラインもコード進行も考えずに体から出たままを曲にした」んだそうだ。
そうだ、GISHOさんが脱退してから、こういう曲なかったなぁーという鉄板のバラードだ。

「この曲も GISHOくん作曲です」という兄さんの前振りで始まる、「MELODY」!!
イントロのベースが響き渡ると鳥肌が立った。
スポットライト浴びてベースがキレイに浮かびあがって。
こんなに待ちに待たれていた1曲はなかったんじゃないだろうか。
やっぱりこの曲は大好きだ。GISHOさんのすべてが詰まっているような気がする。
HIROKIさんも HIROKIさんのベースも好きだけど、この曲はやっぱり GISHOさんが弾いてこその曲なんだよね。

アンコ3、ラストの「Chaos」で、GISHO先生はふたたびステージ下へ。
兄さんはフロアにダイブ! 兄さんのダイブ久しぶりに見た気がする。
うれしかったんだろうねぇー。
2人いなくなったステージで、別世界でギター弾いてるちーとの対比が面白い。
こういうときに絶対無茶しない、ちさと先生。

兄さんと GISHO先生がステージ戻ると、ちーがひとりひとりに耳打ちしてて。
あーカーテンコールの合図だなーと思った。

その前にごあいさつ。

「もう2度とステージに立たないと決心して辞めたんです。
自分で言うのもなんですけど、意志が固いほうですからね。
でもこうして戻ってこれたのは、PENICILLIN の強い絆のおかげです!
ありがとうございました!」

てな感じのことを GISHO節全開で語ってくれて。

楽しすぎて泣くとこなんてないじゃん!ってずっと思ってたのに
最後の MC で号泣。涙とまらねぇー!

そして、GISHOさんを真ん中にして、重さん入れて5人でカーテンコール。
2、3、4回ぐらいお辞儀してたかな?

最後に、超笑顔の兄さんが GISHO先生をぎゅっと引き寄せて、ほっぺにちゅう。
GISHO先生も兄さん見つめながらニコニコ。
なんなんだこらー!w
兄さんの愛情表現ってストレートでかわいいなって思う。
つかこのふたり、何年経っても仲良しすぎるなー。

なんというか、GISHOさんはホントに愛されてる人なんだなってのを痛感した。
本人ももちろん楽しそうだったけれど、何よりも幸せそうだったのは他のメンバー3人だったんだよね。
こういうのを人間性っていうんだろうなぁ。

それから、戻ってきた GISHOさんは、私たちが前から知ってる本来の GISHOさんの姿って感じがしたんだ。
辞める直前の心こころにあらずな GISHOさんじゃなくて、心からステージを楽しんでいて、全力で楽曲とファンと向かい合う GISHOさん。
煽る姿も、くるくる廻る姿も、MC も、ああこれだよなあって思えてきて。
こうやって本人が心から楽しめるようなライヴだったら、1年に1回でも2年に1回でもいいから、また戻ってきてよって思った。

センターにフロント3人が集まって、モニターに足かけてるとこ見ると、
ああ! これだよ PENICILLIN はこれだよ! って。待ってたのはこれだよって。

またステージ立ちたくなったらいつでも戻ってきてね!





スポンサーサイト
2009-08-24 20:40 | PENICILLIN | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://qualia82.blog42.fc2.com/tb.php/140-e22c9f12
04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。