スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
筋少@フジロックレポ

フジ、楽しかったぜー!
筋少の50分間で、私の夏が終わった!
ライヴ後、1時間ぐらい放心状態で何もできなかった。
それぐらい濃厚ですさまじいライヴでした。
はるばる苗場まで来てよかったと心から思ったよ。



・筋肉少女帯@苗場スキー場
 2009年7月25日
 【FUJI ROCK FESTIVAL 09】


筋少ちゃんは、2番目に大きい WHITE STAGE で、15:10~16:00。
前のバンドから前方で観て虎視眈眈とポジションを狙っていたので、
センター2列目で観ることができた。

野外フェスのおもしろいところはもちろんいろいろあるんですが、
セッティングが全部観れて、かつそれに対する他のファンの人たちの
反応がダイレクトにわかるってのがあります(マニアックだが
ワンマンだと客入れ前にセッティングしちゃうし、
ライヴハウスのイベントだと、ふつうは幕引いちゃうからね。

機材がねぇ、やっぱ相対的にもどう見ても派手なわけでw
積み上がるマーシャル(あのマーシャルが登場するだけで、たいがい他のファンは爆笑するからね)、ド派手なドラムセット、ツインギターなのにシンセでしょ。
んでフロントはマイク4本だし、ソデにはそれぞれ5、6本のギターが待機してるし。
もうそのセットだけで威圧感十分でテンションだだ上がりだった。
ああ~ホントに次は筋少ナノネーっていう。

しかし去年のロッキンのときも転換持ち時間ギリギリのセッティングだったが
今回もわりといっぱいいっぱいだった。
筋少のスタはやること多くて大変だよねほんと。

ライヴは定時にスタート。
スタが捌けた時点からすでに手拍子やらメンバーのコールやらで大歓迎ムード。
若干曇り気味で風もあって、アラフォーにはやさしい天候でのスタートとなりました。

オーケンは三つ目で登場!
この間のツアーみたいにプロピアじゃなくターバンで。
ターバンに三つ目で特攻服ってアンタいったいどこの人だよ!
というか何次元の人だ!と思ったが、キワモノ感全開でよかったぜ。

おいちゃん蛍光イエローのシャツがまぶしいっ!
エディのわんこシャツもいろんな意味でまぶしぃ!

もう始まったとたんにフロアはカオスで、モッシュ&ダイブの嵐で。
筋少なのにダイブって!と思ったが、これもフェスの醍醐味か。

オーケンはさんざん「どんだけアウェイなんだー!」って言ってたけど
アレはホントにアウェイだったら心が折れて言えない言葉だよ。
前にいたから後ろのノリはわからなかったんだが、
歓声とか熱気の奥行みたいなのは背中で感じられたし、
何よりメンバーのニコニコっぷりを見てると、そうとう盛り上がってんだろうなってのは肌で感じられた。

「どんだけアウェイかっていうとなぁー
BIRTHDAY を観てたんだけど、そのときにお譲ちゃんに
筋肉少女帯の大槻ケンヂさんですか? 観に来たんですか? って聞かれたけど
観に来たんじゃないんだぜー! 出に来たんだぜー!」

リアルにその現場が想像できて吹いたw

やっぱオーケンのエンターテイナーっぷりに感服だなぁ。
内輪ノリにさせず、初見の人にもやさしいコール&レスポンスと MC なんだが、いつも観に来てるニコニコ仲間たちも大満足な激しいノリでさ。

オーケン、ふだんは客に対してどうこう言わないんだが
あまりの盛り上がりっぷりにテンションが上がってたらしく

「人間は嫌いかー? オレは嫌いだー!
でもここに来てるお客さんたちは好きだぜー。むしろ愛してる(ボソッ」

わろたw

「男子のみなさん、抱いてあげますよ。
後で苗場プリンスに来てくださいね」

とか言ってた。
アレ、初見の人だったら確実にいろいろ勘違するな。

あまりの盛り上がりっぷりに、セキュリティの黒人さんたちも
テンションが上がったらしく、超笑顔で「飛べ! 飛べ!」の
ジェスチャーで煽りまくってるしw
前のバンドでは眠そうに棒立ちしてたのが嘘のようだぜ!
オーケンの MC にウケてたのもおかしかったぜ。

カーネーションではエディが前に出てきて気合いのヴォーカル。
イワンの Aメロでは恒例のステージ下ダッシュがあるかなと思ったんだけど
さすがにステージの高さは無理だったっぽくて下手にて。

オーケンはヌンチャクの新技っぽいのを披露してた。
けど、失敗気味w

橘高ちゃんはいつもより50%増しぐらいの笑顔で
くらくらキュンキュンきた。
イワンのアウトロでギターをぶんぶん振りまわすため
わざとマイクスタンドを倒したんだけど、
フジのスタ(たぶん)が、たてなおしちゃって
それを見た橘高ちゃんの付き人が慌てて倒し直してて。
そのパニくったバトルが地味におもしろかったw

最後はマーシャルに華麗に蹴りを入れて完了w
この X 的お決まり感がたまらんねぇー。

なんか、去年のロッキンのときも思ったが、
筋少ってメンバーがほんと素直でかわいいなぁ。
全員が心底楽しいって感じでステージ立ってるんだよね。

しかもあんだけ対バンキラーでイベントキラーだったら
フェスとか出るのさぞかし楽しいだろうなぁって思う。

で、オーケンはその場その場に応じて、自分の求められてるものと
自分がやるべきことを完璧に把握して使い分けているのは本当にすごい。

最後に
「筋少はいつでもニコニコ待っているぜー」
と、ちゃんとワンマンへの誘導も忘れてないし。

で、ワンマンでは確実に物販プロモーションを忘れないしw


またフェス出てほしいな。
筋少が出なかったら一生縁がなさそうなトコロに出てほしい。

来年はぜひ EZO で。



スポンサーサイト
2009-07-27 17:37 | 筋肉少女帯 | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://qualia82.blog42.fc2.com/tb.php/131-10ca8472
04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。